Maxis 4G Unlimited Planを契約しました。120Mbpsを確認! 

 これまでUmobileというキャリアでRM50(日本円だと)で4Gの接続無制限というプランを使っていたのですが、契約者が多いのかインターネットのスピードが遅いことがしばしばあり、田舎に行くと圏外になることもよくありました。

 そこで最近MaxisがFiber Nationの家庭用インターネットを申し込んでいる契約者限定でRM98で携帯電話などのSIMカードも無制限に使えるプランが発表され早速申し込んでみました。

 すでにMaxis Fiberを使っていたのですが、この契約には外国人の場合さらにRM500のDepositが必要になります。さらにUmobileの電話番号をこのMaxisの回線に持ってこようとしたのですが、1回目はUmobile側に登録していたパスポート番号が古かったので失敗、2回目はUmobileに未払いの金額があったので失敗、3回目は手続き中にUmobileをPrepaidに変更したのが原因と考えられるシステムエラーで失敗し諦めて新規の番号で契約しました。そこからUmobileの電話番号を上書きしようと思ったのですが、今すぐやる場合は更にRM500のDepositが必要で3ヶ月待てばDepositがいらないらしいので、3ヶ月待つことにしました。

 そして、肝心なMaxisの使用感なのですが、場所や時間帯によっては極端にインターネットが速くなるのですが、混雑している時間帯では、10Mbpsを割ることもありUmobileと変わらないかもしれません。また、SMSとデザリングが無制限になりました。ここで簡単に長所短所をまとめてみたいと思います。

共通
1、インターネット無制限
2、通話無制限

Umobileと比較してMaxis SIMの長所
1、インターネットの速度が速くなっている。
2、デザリングも無制限(Umobileは5GBまで)
3、SMSも無制限(Umobileは1通RM0.10)
4、国際電話が4分以上話すなら安い

Maxis SIMの短所
1、料金が高い
2、Umobileであればローミング一日RM10のところもあるのにMaxisの場合ほとんどの国でRM38

というところなのですが、長所にいれた国際電話4分(240秒)で日本に通話する場合、固定電話RM0.79で携帯電話RM2.16なのですが、もし電話に出なかった場合もこの料金を払う必要があるのであまり便利とは言えないかもしれません。また、この料金を実現させるためには最初に1320081…とダイヤルする必要があります。

また、Umobileの1日RM10でローミングできる国として、シンガポール、タイ、韓国、インドネシアなどがあり特にシンガポール、タイは行く機会よくありますのでこれも捨てがたいところです。

 速いインターネットが活躍することろも実はあまりないのですが、国内旅行に行ってホテルのネットワークが不安定だったときにこのモバイルネットワークを利用して日本のテレビなどを映したり、外でパソコンを使っているときにこのモバイルネットワークで快適に作業ができる程度です。

 日本で最近発表されたドコモの新料金プランであれば、定期契約なしのギガホに相当(ただしドコモの場合は30GBまで高速通信)するので、8480円+かけ放題オプション1700円=10,180円相当の契約がRM98(日本円にすると)ですので、ほぼ25%程度の料金でマレーシアでは利用することが可能です。だからといってマレーシアの従業員の給料は日本の25%というわけでもありませんので、よほどドコモはお金を稼いでいるものだと思われます。

いつもこんなスピードが出るわけではないですが、朝会社に来て速度測ったらこの速度出ました。ただ平均で40Mbpsぐらいでています。

Fiber Nationに契約している人だけの特権 Endress or Unlimited

日本への通話料金

132 00 + 国番号 + 市外局番 + 電話番号とダイヤルしてください。
東京に電話する場合の例です。 132 00 81 3 1234 5678

+81312345678とダイヤルした場合通話料が約12倍高くなります。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です