マレーシアのドン・キホーテ(Don Don Donki)初めてご来店いたしました。 – 3度目でやっと入れました。

2021年3月19日にマレーシアでドン・キホーテ(Don Don Donki)が開店(オンラインストアも)したのですが、初日から長蛇の列ができており、20日に行ってみたら2時間待ちと言われてコロナの感染リスクも考えて諦めて帰宅、次の週の平日の夜を狙って行ってもそこそこの列が出来ていたので帰宅、それから4月1日の木曜日の20時ぐらいに行っても200人待ち程度だったのですが、待って見たら15分ほどで入店できました。まさに三顧の礼でした。

すでにシンガポールでは2017年から開店して11店舗も出来るほどの人気だったのですが、マレーシアでの広告を見ていると日本からの輸入品ばかりで高いものばかり、マレーシアで流行るのかと最初は考えていたのですが、開店から10日過ぎても人気が衰えることなく長蛇の列がずっと続き個人的には誤算でした。

入店する前までは、是非行ったことある人にまた行きたいのか聞いてみたかったのですが、実際自分が行ってみた感想としてはまた行きたいです!結果としては買い物かごが重くなってショッピング終了となりました。

これまでマレーシアでは食品は、マレーシアで手広く事業展開している、イオン、正直屋、ダイソーである程度の食品を買えたのですが、ドン・キホーテには自社ブランドの情熱価格というのがり、そのブランドは安いです。イオンでもトップバリューがあるのですが、情熱価格の方が品数、値段共に魅力だと思います。また同じものでもドン・キホーテの方が高いっていうのもありましたが、強みとしてはこれまでマレーシアになかったブランドの商品が陳列されており、有名ブランドじゃなく味は違うけど安くて美味しいみたいなものがいくつかありました。その例えに情熱価格ブランドが多く存在してたように見えました。

価格は物によっては日本とほぼ変わらないと言うものもあれば、2倍程度で売られているものなどで、例えば1.3倍程度で売られている1Lの飲み物であれば日本からスーツケースに入れて持ってくるより、ドン・キホーテで買った方が便利というものもあったりします。もちろん価格は日本のドン・キホーテだと例え日本人でも海外で在住していれば免税で購入できそもそも単価が安いので短期旅行の日本人には行く価値なしかもしれません。しかし、RM5コーナーがあったり、現地生産した日本のブランドの食品もあったり行く価値ゼロではないかもしれません。

短所としては、見事に中華系のお客さんしか列に並んでないところだと思い、ハラル市場開拓をコンセプトにしたマレーシアのドン・キホーテの道のりはまだまだかもしれません。ちなみにファミリーマートはマレーシアで大当たりしてもはやどこにでもあるぐらいに成長したのですが、その原動力はマレーシア人の多くに受け入れられたトムヤンクンスープに入ったおでんだと思います。特に日本人男性でトムヤンクン好きだという人あまりおらず、日本人が責任者と考えられるファミリーマートにそのおでんコーナーに投資したのは英断で、まさに現地の人の意見を聞き入れた商品だと思います。そういう商品がまだドンキホーテにはなく、日本に行ったことある中華系マレーシア人が日本でドン・キホーテ行ったことあって安かったのでという人が多いと考えられます。

日本人でもよくわからないようなものが高く売られているという物もたくさんあり、今後の方針も難しいと思いますがこれまであったLot10のクールジャパンの投資よりかは遥かに日本の文化を伝える場所になっていると思いますし、日本の農家の新たな市場にもなっており、これを機会に日本に興味持つ人少しでも増えると日本の経済も少しは上向くかもしれません。

まずは、この動画を再生するとドン・キホーテに来た気分になれます。
若干店内の音楽と異なりますが、ほぼ同じ

いや、こっちが実際流れていたBGMだ!!

まずは、2021年4月1日の木曜日21時ぐらいでもこの人気ぶり

日本製のマスクも買えます。

おそらくマレーシアでしか買えないショッピングバック。
RM19もしますが、買ってしまいました。RM1 (日本円では?)

これよく見たら1Lなのですが、SunkistのりんごジュースだとRM10ぐらいですかね。

広告に出ていた12粒RM39のいちごほぼ完売
マレーシア人金持ち!!

値段はさておき、みかんだけでもこんなに種類が豊富!

これが一蘭ラーメン食べたい人にとっては目玉商品だったと思います。
(RM108を円にすると)
日本アマゾンより安い。(amazonでは

これどっちも買いました。うどんの方ちゃんと写ってませんが、
800gでRM11.90!

情熱価格ブランドの醤油。1Lでこの価格はこれまでなかったはず。

これ一番オトク感ありました。RM25.5でお餅1.1kg
1kgの袋もありましたが同じ価格でした。
これまではサトウの切り餅ほぼ一択でRM50ぐらいしたはずです。

お弁当もやや割高感ありますが、夜21時ぐらいだと20%引きでした。

これ買いました!
アマゾンで123円で売っていますが、RM7.5は今の相場で200円ぐらい。
日本からスーツケースに930gの荷物持ってくるぐらいなら、ここで買ったほうがお得

超富裕層向けの食材!RM258を円にすると
スシローと高級寿司の味の違いがわからない私には関係のない話です。

私には興味ないですが、コスメティックもそこそこ豊富
女性客に人気出るはずです!

こういう商品とりあえずただ同然で配って先に宣伝する方がいいと思うんですけどね。

あんまり欲しい物ありませんでしたが、RM5コーナーも

最後に買ったものすべての写真と領収書

買って良かったと思えるランキングとしては
1位 1.1kgのお餅
2位 UCC 無糖コーヒー
3位 うどん
4位 そば
5位 いわし、さんまの缶詰

辺りですかね。一蘭ラーメンはもしかしたら日本よりも安く買えたのかもしれないのですが、味はとんこつラーメンでおいしかったのですが、一袋RM22と考えるとマレーシアで他にその予算でパンミーなど美味しいものがたくさん食べれます。もしRM108ではなくRM20ぐらいなら1位だったかもです。これはマレーシアの食事も十分おいしいというのが辛口意見になっただけであり、もしラーメン屋がほとんど存在していない市場であればもっと上位になっていると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です