MacBook Pro A1708のプレビュー – 早速Windows 10をインストール

 2013年3月に購入したMacBook Pro A1278をこれまで使い続けて今でも問題なく使えるのですが、MacBook Pro A1708(2017年モデル)が安かったのでずっと在宅ワークということもあり買ってしまいました。

 MacBook Pro A1278の小さな問題点としては、現在の最新OSのBig Surのインストールができないのですが、MACOSとしてはほとんど使っておらず主にWindows 10をインストールして使っておりました。また、ファンの音が大きくなることがよくあったり、Magsafeの充電ですので特殊なケーブル、モバイルバッテリーでないと充電できないという難点があったり、バッテリーの持ちもあまりよくなく、3,4度ほどバッテリー交換しておりました。また純正の充電器を使わないとバッテリーが膨張することもあり、バッテリーがTrackpadの下にあるので、クリックできなくなるという現象もたびたび発生しておりました。

 そこでなぜ、MacBook Pro A1708なのかといいますと、SSDの交換が可能なモデルとしては最新の機種であったりWindowsもインストールできるところです。今のMacbook M1 Chip搭載されているモデルはWidnowsのインストールはできず、購入するならIntelのCPUのモデルを選ぶと思いますが、2TBを選択するとRM10,000(約26万円)程度の価格になり、A1708であればヤフオクの落札価格41,800円、2TBのSSDがRM880(約23,000円)となり、中古の4年前のモデルではありますが、7万円程度で購入したことになるので、ほぼ20万円安く新しいMacbookを手に入れました。

ここまで使ったA1278と比較して長所、短所をまとめますと

良い点
1,コンパクトになった。
2,USB-Cで充電できる。Type-Cで45W以上で充電できるモバイルバッテリーなら大体充電できる。
3,スピーカーの音量大きくなった。(ただしWindows10ではそれほど大きくならない。)
4,ファンの音が静かというか聞こえない。
5,バッテリー長持ちするようになった。
6,Big Surにアップデートできる。

悪い点
1,SDカードCDドライブがなくなった
2,端子が少なすぎる(充電すると残るのはUSB-Cポート1つとイヤフォンジャックのみ)
3,キーボードの配列に慣れが必要(日本語キーボードを買ってしまった。交換不可)

 という辺りでSDカード、CDドライブがなくなったのは短所ではありますが、コンパクトになった事のほうが大きいと思います。また、端子が本当に少なくUSB-Cポートが2つとイヤホンジャック1ポートだけでよく言えば無駄をなくしたシンプルなものになっております。また、よく考えてなかったですが日本語キーボードを選んでしまい記号などの配列が違い8年使ってきた英語キーボードに慣れた状態から修正するの難しいですし、会社のパソコン英語配列なので失敗だと思っております。後は、どうもEnterを押すつもりが 「 を押してしまうことがよくあります。また、長所か短所か微妙なところとしては裏のリンゴマークが光らなくなりました。また、キーボードの特にControlとCapsの位置逆にして欲しいとか、英数、かなボタンいらないだろとか思ったりしております。これら調べてみるとやっぱり日本語キーボードだからだそうで新しいMacbookでも英語配列にすればCaps, Controlのボタンは逆のようです。

 また、普通に使っていたらRetinaの良さは気づきにくいですが、画面のサイズを2880×1800に設定でき、A1708でこれ以上小さくしたら見えないレベルのExcelファイルをさらに小さく表示することが可能になりました。また、ドライバーが原因なのかもしれませんが、Mac OSだとスピーカー大きいのにWindows 10だとスピーカーの音量が最大にしてもあまり大きくなりませんでした。

 パソコンの使い方としては、電源のないところでもBaseusの30000mAhのモバイルバッテリーで6時間ぐらいは使えそうでカフェなどで一日中使うことも可能というところがA1708と比較して一番いいところだと思われますが、A1278にもSSDを搭載していましたし、動作スピードはほぼ変わりませんでした。後は、キーボードや充電ポートなどの故障があるようで、この先使い続けてみないと何とも言えないところがありますが、A1278はバッテリーを交換した以外ハードウェアの故障なかったのでかなり優秀な機種だったようでした。

主なスペック
ディスプレイ:13.3インチ(2,560 x 1,600ピクセル)P3対応
CPU:Intel Core i5 2.0GHz(デュアルコアプロセッサ) 第6世代 Skylake
GPU:Intel Iris Graphics 540(iGPU)
ストレージ:256GB
メインメモリ:8GB 1,866MHz LPDDR3
ポート:USB-C ×2(Thunderbolt 3対応)
Wi-Fi:802.11ac
Bluetooth:4.2
本体サイズ:30.41 × 21.24 × 1.49 cm
重量:1.37kg

早速Windows 10にしました。
理由:仕事では主にWindows 10を使っているから。

一応Mac OS (Big Sur)も使えております。
 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です