A1708 Macbook Proで内蔵SSDを2TBに交換

どうもMacbookの日本語記事は英語で検索するのと比べると極端に情報が少なく、苦戦してA1708のSSDを2TBに増設した記事をまとめておきます。

現状、SSDの交換ができるMacbookとしては、A1707(15inch), A1708(13inch)辺りが最新機種で、これまで2012年モデルのA1278を使っていたのですが、Big Surにアップデート出来なくなったことと、A1708であればUSB-Cで充電できること、Work From Homeで暇なのが理由で買ってしまいました。ヤフオクで42000円で購入。

英語で検索したとしてもSSDの増設はまず、元々のAppleのスペック表に最大1TBと書いているので2TBは増設できないのではないか?かなり限定したSSDでないと動作しないのではないか?またまた、2.5インチのハードディスクではなく薄いSSDをアダプター経由で挿さないといけなく、そのタイプのSSDに多くの種類の差し込みがあり、どれを買えばいいのかわからないなどの問題がありました。

まず、2TBのSSD自体認識はして問題なく使えることが確認できました。こちらは、ほぼWindowsとしてMacbook使っておりますので、Bootcampのパティションを95%ぐらいにして使っております。

また、動作確認できているSSDなのですがM.2 NVMe SSDアダプターカードを使って差し込む必要があるのですが、NVMe M.2 2280 (22x80mm)が主流で、それだと半分ほどはみ出してしまい、SSDが別のものに当たる様な感じになるのですが、このアダプターカードにピッタリ合うサイズのものとしては2021年9月現在、Sabrent Rocket 2TB Internal SSD (M.2 2242 PCIe 3.1 2500/2100MB/s)一択の状態です。

ただし、NVMe M.2 2280 (22x80mm)も長期間使っているとアダプターからはみてでいるので熱で故障する可能性高いかもしれませんが使えます。それがいかにもSamsung Evo 970でないと動作できないような情報が多くあり実際それを使っている人多いみたいですが、他のネット情報だと

Sabrent Rocket 2TB Internal SSD (M.2 2242 PCIe 3.1 2500/2100MB/s)
Crucial P1
Samsung 970 Evo Pro (with firmware upgrade)
Samsung 970 Evo Plus (with firmware upgrade)
WD Black SN750

参照URL : https://appleinsider.com/articles/20/08/23/how-to-use-an-nvme-drive-to-upgrade-your-macs-ssd

で動作している様で、こちらが最初に購入した現状安値のKingston NVMe NV1 M.2 2280も動作いたしました。最初に設定した時に認識しないと考えていたのですが、パソコン起動時にCommand+Option+R を同時に押して起動してWIFIに接続して待つ事3分ぐらいで表示されました。これに気づくまでCommand+Rだけを押していた様で、それだど内蔵SSDが表示されず対応するはずのSabrent Rocket 2TB Internal SSDを内蔵したのに認識しなかったので、よく調べたらこの情報を見つけ認識され、Kingston NVMe NV1 M.2 2280も認識することに後から気づきました。

また最後にMacbookの裏のカバーを開けるのにも特殊なドライバーが必要なのですが、それはA1708 ドライバーなどで検索するとそのドライバーが見つかります。

まとめますと必要なものは
1、NVMe SSD
2、M.2 NVMe SSDアダプターカード
3、裏蓋を開けるドライバー(特殊です。)

で作業できます。

また、MACOSのインストールはCommand+Option+Rを押してディスクユーティリィティーが表示されればAPFフォーマットをすればインストールできる様になり、簡単にインストール出来るかと思います。

あとは、Windows10をインストールした場合、初期の状態ではMACOS側で起動ディスクが設定されておらず再起動や時間を置いて電源を入れた場合、フォルダーに?の付いたエラーが出る現象あったのですが、それは起動ディスクを設定すれば表示されなくなりました。

最終的に掛かった費用は

必要だったもの
1、Macbook A1708本体 41,800円
2、Sabrent Rocket 2TB Internal SSD US$330.44
3、M.2 NVMe SSDアダプターカード RM16.24
4、裏蓋を開けるドライバー RM24.80

2021年9月4日の為替レートで US$=109.65, RM=26.44
41800円+36232円+430円+656円
= 79,118円

不要だったもの
1、Kingston 2TB.NVMe NV1 M.2 2280. RM871.50
2、M.2 NVMe SSDをフォーマットするために購入したハウジング RM168
3、2.5インチの訳の分からない端子のケース RM36.58

23042円+4442円+968円
=28452円

で合計107,570円投資してしまいました。

ただ、不要だったもの1、2で外付けSSDとして使えるので良しとしましょう。
ちなみに新品で2TBの今のモデルのMacbookを買うとBootcampを使いたければIntelのCPUのモデルを選ぶ必要があるため、273,680円します。

また、Sabrent Rocket 2TB Internal SSDはこちらが確認できたのはアメリカ製ということもあり、アメリカのアマゾンで買うのが一番安かったです。マレーシア在住なのですが、少し長めの10日ほど届くまで時間かかりました。

再起動時にCommand+Option+R押す画面はこの黒っぽい画面が出てきたら成功

裏蓋の特殊なスクリューの形

A1708にはおそらくこれがベストのSSD

このSSDがおそらく動作確認できた一番安いSSD
Kingston 2TB.NVMe NV1 M.2 2280 も認識しました。

Big Surのインストール画面出てきました。

Big Surのインストール成功Kingston 2TB.NVMe NV1 M.2 2280 はこのようにややはみ出します。
長所としては安いです。
Sabrent Rocket 2TB Internal SSDなら綺麗に収まります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です