Poco M4 pro 5Gで早速、5Gにつなげてみました。

 携帯電話は今持っているRedmi Note 9 Proで十分だったのですが、Poco M4 Pro 5Gを購入してしまいました。理由はテナントが出て行ったコンドミニアムにネット環境がないので、LTEで一時的に在宅ワークなどをしないといけない環境だったのですが、LTEは利用者が多いのが原因なのか、昼間だとひどい時は1Mbps以下のスピードしかでなくほぼ使い物にならないからです。また、マレーシア在住なのですが携帯電話購入したことを申告することで税金が帰ってきます。

私の所得では税率21%ですのでRM789の21%のRM165.69戻ってくる計算でそれにShopeeというサイトで購入したので10%のポイント(RM78.9)も付き、RM544.41(日本円にすると)で事実上購入いたしました。

 金額的には安いのですが、本当に5Gにつなげることだけが目的で購入しそれがなければ買う理由はありませんでした。Redmi Note 9 Proと比較すると

Poco M4 Proの長所
1, 5G につながる
2, よく使うアプリだけホーム画面に置けるようになった。
3, 一部の急速充電器で33W充電実現するようになった。
4, 新しいOSのアップデートが見込める

Redmi Note Proと比較してPoco M4 Proの短所
1, SIM 2がSIMかMicroSDどちらかしか入らない
2, 車用急速充電器で33W充電実現しなくなった。
3, RAM6GB, 容量128GBからRAM4GB,容量64GBになった。
4, カメラが64MP から50MPに

その他短所
1, 5G固定できないせいでネットワークが不安定

同じ
1, 充電速度は33W
2, OSを日本語対応可能
3, 赤外線、NFC対応
4, バッテリーの容量5000mAh

 という感じで5Gがつながらなければ買う理由がなかったスマホでした。また、120W対応のRedmi Note 11 Pro Plusも検討はしたのですが、中国からの直輸入品になりGoogle Playがインストールされてなかったり、GPSも改造しないと使えなかったり金額が倍ぐらいで電池の容量も500mAh低いので見送りました。MicroSDも入りません。120Wで5Gのモデルは他にMi 11T Proがあったのですが、RM2200ぐらいしてMicroSDもはいりません。

 特に高画質で写真を撮った場合、写真1枚64MPで30MBぐらいの容量になるので、MicroSD+ Dual SIMの端末を理想としており、現状多くのフラッグシップモデルが非対応なので欲しい端末があまり出てこないのが現状です。

肝心の5Gはどうなのか?
マレーシアでは現状クアラルンプール、プトラジャヤ、サイバージャヤのみで接続可能で、そのエリアであれば多くの場所で5Gにつながります。(5Gエリアマップ)ただし、通信キャリアはYes, Unifiのみになり、これまでMaxisを使っていたのですがYesのSIMカードを手に入れ無事に5Gへの接続はできました。

ただし、通常の設定では接続が切り替わったりで切断されることがしばしば起こります。また、Poco M4 Pro 5Gでは5G固定というオプションはなくいろいろやってみたのですが、どうもLTEの接続は残さないといけないようです。

方法
1,mtk engineering mode
u can use dialer type *#*#3646633#*#*
in band mode i can choose sim1/sim2 than there are so many bands to choose included only 5g

2,easy way is go to Settings > About phone > All specs > tap Internal storage multiple times > Phone information (1 or 2 depend on your sim) > change NR/LTE/GSM/WCDMA to NR only

現在検証中ですが、とりあえず5Gで早くつながった接続だけは残してそれ以外は削除して動作が安定するか確認中です。また5Gエリア外でも5Gとは表示されるのですが、30Mbpsぐらいのスピードで事実上4Gのようです。

また、私の仮住まいしているテナントの出て行ったRegalia(場所)というコンドミニアムでLTEでは昼間1Mbbpsでないこともある環境でも5Gにはつながり、昼間でも500Mbpsはでます。後は設定の問題で何とかなりそうですが、接続が安定すれば問題なしです。

YesのSIMカードなのですが2022年3月31日まではキャンペーン中のようで、RM30のPrepaidでデータ無制限、デザリンクも無制限で接続できるようです。(Yesのホームページ)説明には(7Mbps & 9GB Hotspot Data)と書かれていますが、いくらデザリングを使っても使用量0GBのままで7Mbpsどころか、100Mbpsもパソコンで確認できております。ただし30Mbpsぐらいでつながることがよくあり、10Mbps以下でつながることはほとんどない状態です。

自宅のWIFIですら、30Mbpsで契約しているのに5Gでは800Mbpsぐらいでるのですが、使い勝手としてはさほど変わらないというのが第一印象です。テレビのストリーミングとか案外昼間のLTE 1Mbpsぐらいでもできたりします。また、つなげるサイト、またはサーバーが500Mbpsのスピードに対応する必要がありそういうサイトやサービスはなかなか思いつかない、または、必要ないのかもしれません。LTEも最初は速かったのですがユーザーが増えすぎて1Mbpsとかサービス開始時はありえないスピードが今では実現してしまいましたが、5Gの場合はユーザーが増えたとしてもそこまで遅くならない気がいたします。

動画を見るユーザーが増えすぎたことによりLTEのスピードが遅くなってしまったのが現状だと考えられますが、今後6Gが必要になる時代が来るのは当分先だと思われます。

Yesの5Gのスピード

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。