2022年4月にコロナ渦にクアラルンプールからソウルに行った手順

 2020年1月を最後にマレーシアから出れず、それから2年3か月ぶりにマレーシアから出ることができました。行先は日本ではなくソウルになりました。

 最初は日本に行くことを検討していたのですが、配偶者が韓国人で今日本に入ろうとしたら日本人と結婚している場合は入国はできるのですが、海外では手に入らない戸籍謄本と一緒にビザを申請する必要があり、銀行の残高証明とかとにかく提出しなければいけない書類が多すぎたことで日本に行くことは断念いたしました。

 韓国へは一度はクアラルンプールの韓国大使館にはいきましたが、戸籍謄本みたいなものはオンラインで取得でき、入国ビザもPDFで届きそれを印刷して提出すれば韓国に入国できました。

 今海外に行くのはマレーシアからだとあまりハードルが高いわけではないのですが、注意点としては下記の2つになります。

1,出国2日前までのPCR検査の陰性証明書が必要(48時間前と書かれているのですが、例えば出発が深夜23時で2日前の朝に受けたPCR検査の証明書でも有効)

2,行先の国のビザが必要。過去にビザなしで入国できた国でも今は必要な場合が多いです。

マレーシアでPCR検査を受ける場合は、24時間のPrimer Cherang Clinic Kota Damansaraで検査を受けることができたので会社を休まず、RM130と安く検査できました。それから陰性(Negative)の証明書を受け取ることができればE-Ticketの発行の手続きを進め各航空会社の荷物を預けるカウンターでPCR検査の陰性証明書が求められる流れになりそれがないと航空券を発行してくれない流れになります。それが原因で乗客が長時間カウンターの担当者と交渉しているような人が多く、人の流れが少し遅い感じではありました。

 また、JAL、ANAなどのカウンターであればその1便の乗客以外カウンターには並ばないのでほぼ待たないでチェックインできるのですが、マレーシア航空の場合はいろんな行先の乗客がいて想定を超える行列になっておりました。事前に22時ぐらいに空港に出向いて混雑状況見ていたのですがほぼ人がいなかったので想定外な状況だったのですが、出発予定の飛行機みているとほぼ深夜0時にはなくなっており22時に人がいないのは当たり前で、20時ぐらいが行列のピークになっていて1時間強以上並ぶことになりました。それでも出発3時間前に空港についていたので特に問題なく搭乗できました。

 また、もう一つの想定外が空港内の免税店がほぼ閉まっていて更には開店している数少ない免税店も在庫があまりない状況で飛行機の免税サービスも停止しておりました。結局欲しいものは仁川空港の免税店で買うことになりました。

 結局行列ができているのはマレーシア航空のカウンターだけのようで、出国手続きも並んでいる人いないぐらいガラガラでプレミアムラウンジも工事中になっていて22時少し過ぎた程度の時点でKLIA(Kuala Lumpur International Airport)はシャッター街になっておりました。

 やることもないのですぐに搭乗ゲートに行ったのですが、1時間も並んだしどんどん日増しに航空券も値上がり(RM2700だった航空券が前日にRM5000になっていた。)したしさぞかし混んでいるのだろうと思ったのですが、搭乗率は5割程度でした。またマレーシア人はほぼいないと思っていたのですが、学生や就労ビザでは韓国に入国できる10%ぐらいだけどマレーシア人、または韓国人以外の人々がいました。ただその飛行機の日本人はおそらく私だけだと思われます。

 韓国の入国については、まず飛行機から出るとPCR検査の結果を再確認され韓国が用意したフォームに記載して提出し私の場合、嫁さん任せで全部やってくれたのですがなぜか韓国人用の入国ゲートから入国手続き終えました。飛行機を降りてから荷物を受け取って外に出るまで免税店に行かなければ30分以内だと思います。日本で入国手続き終えるまでに6時間かかったとか聞いたことあったのでその覚悟していたのですが、全く問題ありませんでした。隔離などもなくPCR検査の陰性証明書、ビザだけが必要になったというところです。また、韓国入国後も24時間以内にPCR検査をする必要があります。

 韓国は3月16日の新規感染者621,000人から4月21日には81,000人と感染者数は下がってはいるもの人口比率で考えれば世界トップクラスの感染になっており、検査の結果以前に韓国で感染しないことが重要だと思われます。

韓国大使館からPDFで受け取ったビザ

搭乗する数日前の土曜日で人いなかったので、そんな早く行く必要ないと判断。
問題は夜の22時に確認していた!!

実際来てみると想定外!21時でした。

ただし、マレーシア航空以外のゲートはガラガラ
(出国手続き)

高そうですが、空港でもPCR検査できます。

最初に思っていたよりかは飛行機の搭乗率高いです。

ソウルまで半分ほどの距離まで進みました。
この時点でお尻が痛い!座席狭すぎ!
飛行機ってそういえばそうだった!

機内食の糖尿病患者用メニュー
ライスとパンがある。それほど徹底してないな。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。